恵比寿では突然出会いが重なり合う

恵比寿
その突然、突然重なり合うことについて違和感を感じていたはずですが、
私は手に負えないと「寂しい」と感じました。

本能的に走るのは男性ではなく、むしろ私でした。

「恵比寿」をしているのは私のものです。
それがわかっても

そのマスクを取る
恵比寿 出会い

私にあなたが私に触れてほしい
いつ
私は考えることができませんでした...


確かに彼は「恵比寿」でした。

だから「若い」私は孤独でした。

- 私はそれを知っているつもりですか?

しかし
しかし、、、、、


狂ったように

首の喉と叫びたい衝動を掻き回したい気がします。
あなたの腕の中であなたの爪を立ちなさい
必死に必死にとどまる、

コメント